健康コラム

年明け早々、風邪をひいてしまいました。

幸か不幸かインフルエンザではなかった様ですが、高熱とその後の咳の苦しいこと。

いつもは予防のためにイミュネッセンスカプセルを飲んでいるのですが、今年は自分で実験するために、敢えて飲みませんでした。で、結果はこの通り、高熱とその後の咳に悩まされることに。

去年は風邪気味でも一晩で回復したんだけどなぁ。と床の上で後悔してみても先に立たず。

やはり予防のためにサプリメントや精油を使用することは、意味がある様です。

ということで、あわててカユプテ精油を焚いています。

カユプテには1,8シネオールという芳香分子が60〜75%ほど含まれています。

この1,8シネオールには免疫調整作用や去痰作用があると言われており、特に呼吸器系の風邪の時に重宝します。

それでも、予防に勝る薬なし。しばらくは咳に悩まされそうです。トホホ。

【本日のBGM:ケニー・バレルのmidnight blue。GIBSON ES-175かsuper400のどちらかのギターを使用しているらしいです。いい音に癒されます。】

 

 

ラミーアロマテラピーのサイトの方に当店取り扱いのプラナロム精油をアップし始めています。

特に見ていただきたいのは、使用上の注意の部分。

精油は天然の植物から抽出したものですが、あるものは妊娠中や授乳中、特定の持病を患っておられる方は使用を避けるべきものや、長期にわたって使用しない方が良いものもあります。また、他にも注意した方がいい情報を精油ごとに随時加えていきます。

精油は自然由来のものですが、抽出してあるので体に作用する芳香分子が高い濃度で含まれています。

ですから、正しい知識で正しく使うことが必要なんですね。

「喜びある生活には、正確な知識とそれに伴う行動が必要。」祖母が時折言っていた言葉です。実感です。

【今日の香りはラベンダー・スーパー(こちら)。これは、どなたでも安心して使えるラベンダー。ホッと一息。頭スッキリです】

精油を選ぶ際には「自分にとって心地いい香り」を選ぶのが基本。
特にメンタルに関わる部分では避けて通れないポイントです。

音楽の選び方には同質の原理と異質への転導があるとか。
【同質の原理】自分の気分と同じテンポの音楽を選ぶ。
【異質への転導】段階的に音楽の種類を変えることで気分を良い方向へ導く。

ということで、今日の精油は「ジュニパー(こちら)」
もともとあまり好きな香りではなかったのですが、今日はいい香りに感じます。
秋の森林浴を心が求めてるのでしょうか?それとも肝臓が少し疲れてるのかな?

レコードはEric ClaptonのWhile my guitar gently weeps。
同質の原理でいくと今日の私の気分はこのテンポなんですね。

爽やかで穏やかな秋の朝。
ジュニパー精油の少し甘いミドルノートがやる気を持ち上げてくれているようです。